18_09_30_deki-1
モンベルから封筒が届いた。
年に1度の会員カードの更新だ。
おや、何か封筒が厚いな。
中にはピンバッジが入っていた。
前にももらったことがあったなと思い、探してみる。
・・・

18_09_30_deki-3
あった。
山バッチコレクションの中の1つになっていた。

そうだ、前にモンベルクラブ・メンバーズカードゴールドカードになった時のものだ。
そして今度はプラチナカードになったわけだ。
送付書を読み返すと、確かに「プラチナカード」と書いてあった。

プラチナカードの条件は・・・
モンベルクラブ会員を10年以上(20年未満)継続していただいている方
入会後の累計お買い上げ金額が75万円(税込)以上の方
とても金額的に条件を満たしているとは考えられない。
ということは、入会して10年経ったようだ。
10年前といえば2008年だ。

2008年といえば、ちょうど親父の三回忌が終わり、区切りとして初の小屋泊まりの登山を計画した年だ。
それまでは健康のためのハイキング程度に近くの低い山ばかり登っていた。
「せっかくの小屋泊まりだから高い山に登ろう。」
嫁さんと相談して10月に八ヶ岳に登った。

頂上からの景色を見たときに親父のことを思った。
親父は教師で山岳部の顧問をしていたようだ。
それでも親父との登山の思い出は富士山の1度だけだ。
頂上から景色を眺めながら、
「くそっ、こんなに素晴らしい景色を親父は眺めていたんだ。」
そう思った。

18_09_30_deki-2
その後はこのブログの通りだ。

10年も経てば、普段の生活でもそれなりに色々なことがあるもんだ。
それでも、どれだけ山に救われたことだろうか。
改めてそう思う。

また明日から1歩ずつ進んでいこう。
バッジを眺めながら、そう思った。