2018_09 hotaka000
昨日の浅間山に続き、今日は武尊山に登る。
そのはずが、朝6時に道の駅で嫁さんと朝食を食べている。
昨日の浅間山の疲れが残ったのか今朝4時に起きれなかった。
山行を中止にして家に帰ることにした。
もう家に帰るだけなので、ゆっくりと朝食を食べている。

「なんか久し振りのゆっくりした朝だね。」
・・・。
「気持ちのいい朝だね。」
「ゆっくり寝たから、なんか復活した。」
・・・。
「やっぱり行こうか。」

2018_09 hotaka001
朝7時45分、武尊高原川場キャンプ場入り口から登山開始。

予定は5時出発なので、2時間45分送れになる。
登山口の道路横の駐車場には他に車が1台駐車されているだけだった。

2018_09 hotaka002
閉鎖されたキャンプ場を抜けたところで登山道が始まる。

2018_09 hotaka003
まずは高手山に向かう。

2018_09 hotaka004
8時35分、高手山。

2018_09 hotaka005
夏の名残を発見。

2018_09 hotaka006
しばらくは両側が熊笹の樹林帯を行く。

突然、熊笹がガサガサと音をたてる。
体中の神経がそちらを向いた。
すぐに音は遠ざかっていった。
音は明らかに獣のものだった。

2018_09 hotaka007
そして音のすぐ先には・・・。

2018_09 hotaka008
熊の寝床があった。
そしてここから嫁さんのコンサートが始まった。

2018_09 hotaka009
樹林帯から抜けると麓の景色が見えたが、雲っていて今ひとつ遠景が広がらない。

2018_09 hotaka010
それでも、登るにつれて紅葉が目立ち始めてきた。

2018_09 hotaka011
正直、紅葉はあまり期待していなかった。
曇りで遠景が楽しめない分、紅葉の近景を楽しもう。

2018_09 hotaka012
10時25分、西峰に到着。

2018_09 hotaka013
ここで少し休憩にしよう。

2018_09 hotaka014
目の前のピークが剣ヶ峰か?と考えながら霧の中を進む。

2018_09 hotaka015
おっ、ここは真っ赤に色づいている。

2018_09 hotaka016
あれが剣ヶ峰のようだ。
ということは右に沖武尊が見えるはずだが霧の中だ。

2018_09 hotaka045
11時11分、剣ヶ峰の山頂。

2018_09 hotaka017
さて、最高峰の沖武尊まで頑張ろう。

2018_09 hotaka018
しばらく下ると武尊神社方面の展望が広がった。

・・・ん?
あれ、なんか変だぞ。
下り過ぎてないか?

スマホのGPSアプリで確認すると・・・。
沖武尊への分岐を越えて、武尊神社の方へ下っていた。

やばい、戻ろう。

2018_09 hotaka019
しばらく登り返して分岐を発見。
11時49分、多分30分くらいのロスだろうか。

2018_09 hotaka020
分岐を発見して一安心したところで、ツルリンドウを発見。

2018_09 hotaka021
目の前のピークの向こうは霧で見えない。
ピークを越えれば沖武尊が見えるだろうか。

2018_09 hotaka022
霧の向こうにピークらしきものが薄っすらと見える。

2018_09 hotaka023
霧の中をひたすら登っていると標識が見えてきた。
その標識を曲がると・・・。

2018_09 hotaka024
いきなり山頂だった。
大学生の集団が賑やかにくつろいでいる。

2018_09 hotaka025
12時53分、武尊山の最高峰、沖武尊の山頂。

2018_09 hotaka026
剣ヶ峰が正面に見えるところで昼食にしよう。

2018_09 hotaka027
武尊山の名前は日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征に由来する。
しかし武尊山は「ほたかやま」と読む。
もともと穂高見命(ほたかみのみこと)が祀られていたようだ。
つまり北アルプスの安曇野と同じように、この辺にも安曇族が住んでいたようだ。

剣ヶ峰を眺めながら、そんな古事に思いを馳せる。

2018_09 hotaka028
13時17分に下山を開始する。

下りもコースタイムで3時間40分かかる。
あまりゆっくりしていられない。

2018_09 hotaka029
下り始めると雲が退け、剣ヶ峰とそこへ続く道が見えた。
いい佇まいをしている。

2018_09 hotaka030
まだらな色をした風景を下る。

2018_09 hotaka032
山肌にオレンジと黄色の色が置かれている。

2018_09 hotaka033
途中で振り返ると、見えた。

2018_09 hotaka034
武尊山が姿を見せていた。

2018_09 hotaka035
剣ヶ峰も武尊山も姿を見れた。
これで安心して下山できる、と思った。

2018_09 hotaka036
コゴメグサ。

2018_09 hotaka037
往きに見落とした分岐に戻ってきた。
すぐ先が剣ヶ峰だ。

2018_09 hotaka038
紅葉を眺めながら剣ヶ峰を下る。

2018_09 hotaka039
段々高度が下がると、紅葉も減ってくる。
さあ、暗くなる前に下山しよう。

2018_09 hotaka040
再び、熊笹の樹林帯になる。

2018_09 hotaka041
午後4時、高手山の山頂。
暗くなる前にゴールできそうだ。

2018_09 hotaka042
キャンプ場までもう少し。

2018_09 hotaka043
午後4時35分、ゴール。

2018_09 hotaka044
急いで川場の道の駅に向かい山バッチを買った。
店が閉まりかけていたが、何とか買うことができた。
最後に案内板の武尊山を眺めて帰路についた。


今までの山行一覧