yae_0092_04
毎週末、雨が続いて山に行けない。
しばらくは自動炊飯研究に没頭していたので大丈夫だったが、さすがに「山恋シノ病ヒ」が少しずつのしかかってきた。
誰かを誘おうかとも思ったが、相変わらず週末も雨のようで予定も立てれない。
それでも、今週はもう山に行きたくて仕方がない。

3連休初日の今日、朝起きてみると雨は降っていない。
天気予報を調べると、午後早い時間までは曇りが続きそうだ。
急いで準備をして八重山に向った。

yae_0092_02
それでも八重山の登山口に到着したのは11時近くになってしまった。
さあ、雨が降りだす前に登っておこう。

いつもは涸れぎみの沢に水が流れている。
梅雨が山に潤いを与えている。

yae_0092_03
タマアジサイはまだ蕾のようだ。

久振りの山歩きのためか流れるような汗をかく。
そして静かに楽しい。
この梅雨があがれば、もう夏山の季節だ。
今は梅雨を楽しもう。

yae_0093_01
登山道のあちらこちらではオカトラノウが咲いている。

yae_0092_05
久振りの八重山をゆっくりと歩きたかったが午後からは雨の予報だ。
ゆっくりと花を眺めながら歩いたが、幾つかのの道はショートカットした。
11時半頃に山頂に到着。

yae_0092_06
さて今日のもう一つのお楽しみ。

yae_0092_07
昼食は山でパンを焼くことにした。
そのために、昨日生地を2次醗酵まで済ませておいた。
日帰り山行なら前日に2次醗酵させた生地を持っていける。

yae_0092_08
固形燃料に火を付け、クッカーを乗せたら一休み。
少しまわりの景色でも楽しもう。

曇りには曇りの景色というものがある。
正面は丹沢の主脈稜線が横たわっている。

yae_0092_09
右手側には中央線の山々が見える。
今日はさすがに富士山は見えないが、近景の見える山々の名前を数えていく。

yae_0092_10
山頂の付近もオカトラノウが咲いている。
今、八重山はオカトラノウの季節に染まっているようだ。
蝶も雨の合間の食事を楽しんでいる。

yae_0092_11
火があと少しで終わりそうだ。
最後に数分だけ、クッカーをひっくり返す。

yae_0092_12
火が消えたらフタを開ける。
パンのいい匂いが広がる。

yae_0092_13
クッカーのフタに乗せておいた水も温まったので、コーヒーをいれた。
コーヒーとパンだけの最高の昼食だ。
久々の至福の時間を味わう。

yae_0092_14
パンを食べ、コーヒーを飲んだら下りるとしよう。

yae_0092_15
途中で新しい登山道を見つけたので、寄ってってみることにした。

yae_0092_16
前に通ったことのある道につながっていた。
そこから登山口に戻ったが、さらに沢の向こうにも道が延びていた。
次はその道を辿ってみることにしよう。