2020_01_13 jintaka_ba_00
正月休みで数キロ太ってしまった。
そこで久しぶりに陣馬山から高尾山を歩こうと、嫁さんとやってきた。

2020_01_13 jintaka_ba_01
朝8時半、JR中央線の藤野駅を出発する。

2020_01_13 jintaka_ba_02
線路を渡ってトンネルを抜ける。

2020_01_13 jintaka_ba_25
いつものように一ノ尾根を陣馬山へ登る予定だった。(地図の太赤線)
途中、ふと地図を見るとまだ行ったことがない道があるではないか。

一ノ尾根の下に栃谷尾根と奈良子尾根があり、この登山道は前に行ったことがあった。
そして奈良子尾根の下にもう1本登山道が明王峠につながっていた。(地図の太オレンジ線)

今日はここを行ってみたい。
そう思った。

嫁さんに話すと、即効でOKが帰ってきた。
高尾山に向かう今回は陣馬山に登れないのが残念だが仕方ない。

ということで、
陣馬山を通らない陣高縦走番外編となった。

2020_01_13 jintaka_ba_03
いつもの道を川沿いに右に折れ、舗装された道を少し進むと登山道が始まった。

2020_01_13 jintaka_ba_04
少し進むと一度広い場所に出た。

2020_01_13 jintaka_ba_05
振り返ると、中央線の山々と富士山が見える。

2020_01_13 jintaka_ba_06
なかなか歩きやすい道だ。

2020_01_13 jintaka_ba_07
9時39分、イタドリ沢ノ頭。

2020_01_13 jintaka_ba_08
分岐をまっすぐ進む。
この分岐を曲がれば奈良子尾根や栃谷尾根に向かえる。

2020_01_13 jintaka_ba_09
またすぐに分岐が出てきたが、明王峠を目指す。

2020_01_13 jintaka_ba_10
このあたりが地図の点線部分のようだ。
道が険しいわけではなく、平らに広がって道を見失いやすいのが点線の理由のようだ。
カラーのビニールテープの目印を確認しながら進めば大丈夫。

2020_01_13 jintaka_ba_11
10時39分、矢の音。

2020_01_13 jintaka_ba_12
車道にぶつかれば、明王峠への直登が始まる。
そういえば、前に明王峠から相模湖駅に下った時に通った場所だ。

2020_01_13 jintaka_ba_13
11時過ぎに明王峠に到着。
昼飯は景信山で食べることにして、ここでは干し芋や干し柿などを食べた。
ゆっくり休んで、11時半過ぎに出発する。

2020_01_13 jintaka_ba_14
明王峠からは登山者で賑やかになってくる。

2020_01_13 jintaka_ba_15
12時35分、景信山に到着。
いやぁ、腹が減った、昼飯にしよう。

2020_01_13 jintaka_ba_16
今日はモンベルで買ったリゾッタを食べる。

少し前に永谷園が3分で食べれるアルファ米を開発したが、そのアルファ米の商品のようだ。
今までの15分に比べれば、とても早いので使えそうだ。

13時40分に出発する。

2020_01_13 jintaka_ba_17
14時、狸の焼き物がある下山道との分岐の広場に出た。
ただ、下山道は台風の影響で閉鎖されていた。

2020_01_13 jintaka_ba_18
14時25分城山。
城山を巻く道も閉鎖されていた。

2020_01_13 jintaka_ba_19
高尾山の山頂が見えてきた。

2020_01_13 jintaka_ba_20
15時、もみじ台分岐。

2020_01_13 jintaka_ba_21
15時19分、高尾山の山頂の広場にきた。
嫁さんはここから富士山が見えたことがないそうだ。
もちろん、今日も雲で見えない。

2020_01_13 jintaka_ba_22
山頂の標識前で写真を撮って、さっさと下る。

2020_01_13 jintaka_ba_23
そしていつものお楽しみ。
疲れた脚にリフトが心地よい。

2020_01_13 jintaka_ba_24
14時15分、ゴール。

新たなルートは静かで歩きやすかった。
陣馬山へのルートが1つ増え、楽しい山行になった。